*

ベトナムの基礎工業力

Publish: : 日本語 / Japanese

ベトナム労働者の状況

今ベトナムは工業化と近代化に向けて発展しています。

今日の経済統合の状況下、ベトナムは、日本、韓国、台湾、中国などの外国人投資家の誘致を進めています。

この発展過程では、特に生産工程に関与する人材(労働者)が重要な役割を持っています。

しかし、重要な役割を持っているにもかかわらず、ベトナムの非正規雇用者の現状はあまりよくありません。

2013年の末の国勢調査結果によると、ベトナムの人口は9000万人と豊富な人材がいます。

ベトナムは農業国で農家が70%以上を占めています。

工業労働者は10%で、そのうち非熟練労働者の割合が77%で、労働の質が低い場合があります。

世界銀行(WB)によると、ベトナムは熟練した労働者や高いレベルの技術者が不足していて、

他国より労働者の質が低いと指摘されています。

労働者の質の原因と解決策

この状況の原因はベトナムが人材の育成開発のノウハウを持っていないためです。

非熟練労働者の人数が多く、また他国に比べると身体的に弱いところがあります(訳注:身体の小ささや持久力などを指している。彼ら自身による評価)。

それにもかかわらず、技術育成の質が低くて、求められる人材の需要を満たせません。

政府は国の人材基盤を強化するために行っている政策:

 2011年4月30日 579/QD-TTGにて決定された政策では、

教育訓練政策の実施、知識と健康増進、

人里離れた地域や農村における人材のレベルを上げる目的で、

トレーニングのプログラムや方法を改善させる。

(http://congbao.chinhphu.vn/noi-dung-van-ban-so-579_Q%C4%90-TTg-(1282)?cbid=8145)

 2014年5月23日 761/QD-TTGにて決定された政策では、

熟練労働者の質を向上させるために職業訓練校の開発。

従業員が自己の価値を認識して、

資格やスキルを向上させる学習の重要性についての認識をつける支援をすることです。

(http://www.chinhphu.vn/portal/page/portal/chinhphu/hethongvanban?mode=detail&document_id=174011)

 

また、労働者の生活が安定していなくて、スキルを開発する余裕がありません。

このような状況のため、ベトナム政府は工業系の労働者の弱い部分を改善して、

産業界に求められる人材のニーズを満たそうと動いています。

 2011年1月19日のベトナム共産党の第11回全国共産党代表者大会では福利厚生の向上についても触れていました。

まず、賃金政策を柔軟に構築して、同時に住宅の提供や保険、ヘルスケアサポートサービス、作業環境サポート、電話料金、交通費、スキル向上支援、家庭のサポートなどの合理的な雇用ができる企業を作ることです。

(http://www.vietnamplus.vn/nghi-quyet-dai-hoi-toan-quoc-lan-thu-xi-cua-dang/77948.vnp)

国営企業は労働者が住宅ローンと土地を買う支援を行うことを組み合わせた政策を打ち出しました。

求職が多いのにあまり人気が無く学生の専攻が少ない分野(例えばメカニック)は学生に授業料の援助があります。

また、従業員への就職市場情報の提供や求人情報のネットワークの開発を行います。

以前では企業は化粧品、化学品、食料、衣類、消費財などの基幹産業に焦点を当てていましたが、今では機械、機械設備、電子部品、特に金属加工業(ネジ、ボルト、ワッシャー、板金など)

に投資して、大きく成長しています。

この記事は、vn.jokerpiece.asiaが2014/10/23に公開したThực trạng, giải pháp cho nguồn nhân lực Việt Namを、日本語に翻訳したものです

http://jokerpiece.asia/thuc-trang-giai-phap-cho-nguon-nhan-luc-cong-nghiep-tai-viet-nam/

 

 

Related articles

no image

ベトナム人の海外旅行

世界各国の文化を実際に体験できる海外旅行。近年の経済発展を背景に、ベトナムでもブームになっています。

Read this article

WP_20140606_003

知られざるベトナムのネット通販について細かく語る(2) – 前提としてのネット通販以前

ベトナムのe-Commerceの状況について、実際に各店舗で購入してみてその利用感を分析してみるのだ

Read this article

no image

インタビュー:ホーチミン市の市内交通についてどのように思っているのか、ベトナム人に聞いてみた

ホーチミン市民が、バイクではなく車に乗るようになったら、この街の市内交通は破綻するのではないか、と外

Read this article

iCatch_crm

消費市場としての東南アジアで必要なSCM

20年ぶりの東南アジア回帰 日本の通信販売やEコマースや小売などのサービス業において、東南アジアへの

Read this article

crowd-296520_640

ベトナムにおけるクラウドソーシング(1) 概論

ベトナムにおけるクラウドソーシングサービスを紹介していく。第1回は概略でクラウドソーシングそのものの

Read this article

no image

ベトナムのインターネット環境とプロバイダ

ベトナムのインターネットとプロパイダ 現代では世界中でインターネットは利用されている。ベトナムにおい

Read this article

no image

営業進行状況を簡単に共有・管理できる「Pipedrive」

Pipedriveは、Base CRM、Highrise、Nimble、Insightlyなどと並ん

Read this article

highlands coffee

ベトナムでフランチャイズビジネスは成功するか?

外資も含めたチェーン店が多いベトナムであるが、その政策の背景は骨太だと思う。その政策意図を読み取りつ

Read this article

rac thai

ホーチミン市のごみ処理

国の工業化が進展する過程において、ゴミの問題というのは必ず出てきます。特にベトナムのような近年、急速

Read this article

no image

ベトナムで拡大するタイ商業文化

東南アジア諸国の中でも、ベトナムとタイは多くの共通点を持ち、歴史的にも深いつながりがあるお互いに特別

Read this article

PAGE TOP ↑