*

ベトナムでシェアを拡大するOTTアプリケーション、ベスト5の比較

Publish: : Last modified:04/08/2016 日本語 / Japanese

Zalo – 音声メッセージング戦略。

ベトナム発のアプリ「Zalo」は、現在ユーザーが2000万人で、ライン、Viberのような外国のOTTアプリを上回っています。VNGはユーザーが親しみやすい機能を搭載し、高品質なベトナム独自のアプリを提供してきています。それが外国のアプリを退け、シェアを伸ばし続けている理由なのです。

複数のプラットフォーム上で使えるアプリへ。

ZaloはVNGによって、2012年に初めて導入されました。最初はWindowsPhone、アンドロイド、iOSのようなモバイルプラットフォーム上で人気がありましたが、現在はWindows PC、Linux hay Max OS XなどのPCプラットフォーム上で使用できるアプリへと拡張されています。

評判の高い音声メッセージ機能を装備

実は「Zalo」は、競合他社と比較して、優れた機能を備えているとは言えません。しかし、「Zalo」がベトナム市場で成功した理由の一つは、シンプルだが基本的な機能が充実していること。それはベトナム人ユーザーが常に求めていたものです。

そして「Zalo」の強みは、完全に無料で音声メッセージが利用できることです。更にボイスメッセージは最長5分まで持続。「Zalo」のシェアを積極的に拡大するためには、この機能を導入したことは大成功だったと言えます。

 

若者向けの数多くの機能。

また「Zalo」は、手描き、写真編集などの数多くの機能を搭載。気持ちを表現できるステッカーやZaloアニメーションに加え、ユニークなサウンドストアもあり、多くの若者がこれらの機能に非常に興味を持っています。一方、音声メッセージの送信が許可されているだけで、VolP機能が全くないのが欠点です。

「Zalo」のターゲットは、主に18歳から30歳の若い世代の顧客。若者を対象に広告戦略を展開し、若者のニーズに合わせてすべての機能が開発されています。

 

Viber‐高品質な通話とパブリックチャット機能

「Zalo」の特長は音声メッセージであるのに対し、「Viber」はフィーチャーフォンコールで、2100万人のスマートフォンユーザーがいるベトナム市場を独占したいと考えています。そこでユーザーを引きつけるため、安価なパッケージの販売を開始しました。また海外への通話は品質が悪い、サウンドがはっきりしない、通話がよく中断されるなどの不満が出ていますが、「Viber」はいつでもどこでも高品質な通話を楽しめます。

そして最近、モバイルプラットフォーム上のアプリケーションに向けてベトナムで発売された、パブリックチャットを追加。AndroidとiOSプラットフォーム上で無料のビデオコールを作成する機能、アニメーションやユーザーの音声を含めたビデオメッセージを作成、送信する機能も装備しています。またこのアプリは、PCや携帯電話のプラットフォームでも使用できます。

 

「Viber」の顧客は、ほとんどが国際電話を持っています。一方で新機能の開発によって、多くの若者に徐々に支持されてきていて、現在ベトナムでは約12万人のユーザーがいます。

Line‐手軽に楽しめるチャット機能

Viber、Zalo、Lineの3つの機能を比較してみると、それぞれの特徴がより分かりやすくなります。「Line」はWindowsPhone、iOS、BlackBerry、そしてWindowsとOS X上プラットフォームのアプリケーションで、顕著な特長はチャット機能です。もちろん「Line」には、カメラや通話の機能もありますが、これらの機能はほかのOTTアプリケーションに比べて、あまり優れているとは言えません。

 

「Line」のチャット機能は、とにかく簡単に利用できるのが魅力。チャットフレームをカスタマイズするのもとても簡単です。更に、100のアカウントまで可能なグループ機能もサポート。そしてソーシャルネットワークのように、友人と自分の近況や気持ちを共有できます。しかしこのタイムライン機能は、ベトナム市場ではあまり広く使用されていません。

また最近、若者のニーズに合わせるために、ゲームアプリの開発に力を入れています。複数のアプリケーションをダウンロードすることもできるこのアプリは、現在ベトナムで5万人のユーザーがいます。

Whatsapp‐優秀なマルチメディアメッセージ機能

「Whatsapp」の最も顕著な特長の一つは、ビデオや画像などのマルチメディアメッセージでも、即座に送信できることです。「キングオブメッセージ」としても知られていて、ユーザーが無料でメッセージを送信する先駆けとなったアプリケーションです。

また、近い将来この市場に打って出る予定のビデオメッセージ機能が、まもなく完成するという情報があります。ただしその通話はモバイルネットワークを通じてサポートされているので、無料ではありません。けれどもこのビデオメッセージ機能は、顧客を満足させ、「Whatsapp」の市場シェアを拡大する原動力になります。

 

「Whatsapp」の最も顕著な特長の一つは、ビデオや画像などのマルチメディアメッセージでも、即座に送信できることです。「キングオブメッセージ」としても知られていて、ユーザーが無料でメッセージを送信する先駆けとなったアプリケーションです。

また、近い将来この市場に打って出る予定のビデオメッセージ機能が、まもなく完成するという情報があります。ただしその通話はモバイルネットワークを通じてサポートされているので、無料ではありません。けれどもこのビデオメッセージ機能は、顧客を満足させ、「Whatsapp」の市場シェアを拡大する原動力になります。

Webchat

ベトナムではWebchatはあまり一般的ではありませんが、最もクリアな写真や音声付きビデオチャットなどの特長が活かされ、ソーシャルネットワークとして利用されています。その上、ビデオメッセージも無料になる可能性があります。

またこのアプリはAndroidとiOS上で人気があって、若い世代のユーザーによく利用されています。ベトナム市場では決して大きくはないですが、最も急速に成長を遂げているOTTアプリケーションの一つです。

 

一般にベトナムのOTTアプリケーションは、ユーザーを引きつけるため、無料通話とメッセージ機能を次々にアップグレードし、シェアを拡大していく「レース」をしています。しかしOTTアプリ全てが無料ではなく、WiFi使用料が発生する場合もあります。またインターネットでのVoldコール遅延の原因となったり、スマートフォンの平均寿命と作業能率を低下させている原因の一つでもあります。

OTTアプリは数が限られているため、特にベトナム市場の、広く言えば世界中のすべての携帯電話ユーザーを引きつけるほど魅力的ではありません。

この記事は、vn.jokerpiece.asiaが2014/12/04 に公開したSo sánh 5 ứng dụng OTT phổ biến tại Việt Namを、日本語に翻訳したものです。

 

Related articles

no image

ベトナムに大企業ブランドのロークラススマートフォン、人気ベスト5

ローエンド(低価格、高性能)とされる携帯電話は、数年前からベトナム国内や中国のブランドだけが発売され

Read this article

parking

ホーチミン市に駐車場を増やすためにITができること

前の記事はバイクが減るだけだと指摘を受けました 前回の記事では、ホーチミン市の渋滞を減らすために、ス

Read this article

prototype

ソーシャルバリューをデザインせよ〜 ハバタクのワークショップに参加して

2014年3月3日にハバタク株式会社が主催するCo-Creation Journeyを取材してきた。

Read this article

no image

ベトナムで拡大するタイ商業文化

東南アジア諸国の中でも、ベトナムとタイは多くの共通点を持ち、歴史的にも深いつながりがあるお互いに特別

Read this article

image03

急成長を続けるオンラインショッピング。その魅力と問題点

インターネットデバイスの普及に伴って、人気上昇のオンラインショッピング。店に出向かずに商品が購入でき

Read this article

image01

あなたの携帯電話も狙われている?拡大する盗聴ソフトウェア市場

盗聴の現状 Googleで「盗聴ソフトウェア」と検索すると、445万の結果が表示されます。そして、2

Read this article

vietnammarket

知られざるベトナムのネット通販について細かく語る(1)

ベトナムのネット通販市場はどのようになっていて、なにがあってなにがなくて、どんな有名どころがいて、足

Read this article

dieu kien nhap cu

露天を覗けばタブレット

ホーチミン市の道を歩くと露天商がタブレットを使っているのを目にすることができるでしょう。タブレットが

Read this article

6

ベトナムの社会文化を知るカギになる、独特な名づけと人称代名詞

ベトナムの命名法とその特徴 名前研究家によると、ベトナムの名づけは紀元前2世紀に始まり、当時より父

Read this article

mcdonalds_VietNam_Opens

ホーチミン市にマクドナルドのベトナム1号店が開店。はたしてベトナムでも「ビックマック指数」は通用するのか見てきました。

    バイクのドライブスルー 2014年2月8日に、マクドナルドのベトナム1

Read this article

PAGE TOP ↑