*

ベトナムでiPadに電話料金をチャージする方法

Publish: : 日本語 / Japanese

ベトナムでiPad Cellularタイプを使いたい

旅行でベトナムにきた時に、iPadを持ってくる人も多いと思います。

日本では携帯電話料金が高い上に契約形態が不便であることから、iPadはWiFiだけにしてネットにつなぐときはテザリングをするという人も多いですし、なによりiPadはWiFi専用とCellularタイプで値段の差が大きい。

しかしやはり海外旅行でタブレットは便利ですし、日本のSIMロックのかかっているiPadも実は海外ではSIMフリーになるという話もありますので(下記の記事を参考にして書いておりますが、未検証です)、ベトナムのようなSIMと電話料金の安い国に来て、Cellular iPadを持っていて、使わない手はありません。

国内購入のiPad、海外で「SIMフリー」で使えた 「海外版買う必要なかったのか」の声(JCASTニュース)
http://www.j-cast.com/2013/11/09188467.html?p=all

SIMの購入とセットアップは簡単

sim

SIMの購入は簡単です。ハノイでもホーチミンでも、町中ならば至るところに携帯ショップがあり、「シム」といえば購入できます。だいたい300円ぐらいです。たいていの携帯ショップでは、SIMカッターもありますし、iPadなんか珍しいものでもないので、簡単にnanoSIMに繰り抜いて、ゼムクリップでスロットをこじ開けてセッティングしてくれることでしょう。

最初のSIMには、ほとんど電話料金入っていないので、100,000ドン(500円)ぐらいのプリペイドカード(スクラッチ)を買って、まごまごしていればショップの店員がかわりに入れてくれるでしょう。

ちなみに、キャリアはmobifoneやViettelなど数社ありますが、どれを選んでも大差ありません。

携帯電話の再チャージは簡単なのだが・・・

ban

最初に買った100,000VNDが切れたら、新しくプリペイドカードを買って再チャージします。

スクラッチを削ると、12桁の数字が表示されますので、電話のダイヤルで、

*100*12桁の番号#

と入力して通話ボタンを押します。

通話機能のないiPadでプリペイドのチャージをする3つの方法

携帯電話もスマホも再チャージはこのダイヤル方式なので簡単です。チャージ完了の通知などがSMSでベトナム語で来るので、ベトナム語が読めないとかなり慌てますが、無視しても問題ありません。

ただ問題は、iPadです。iPadはSIMで3Gデータ通信ができるけれども、電話機能がない。したがって、プリペイドのスクラッチカードから電話料金をチャージする方法がないのです。

これについては、下記の3つの解決策があります。筆者のおすすめは3番目です。

キャリアに登録してクレジットカードを登録する

SIMを買うときに、道端の電話屋で買わずに、最初からキャリアのショップに行き、そこで会員登録をしてクレジットカードを登録してしまいます。

SIM購入時にパスポートの提示を求められたりしますが、それ以上の面倒はありません。

在住者ならこれはありな方法だと思いますが、旅行者にはここまでするメリットがないですし、クレジットカードで引き落としを可能にするのは、ちょっと怖い。

ちなみに、キャリアのショップはあちこちにありますので、Google Mapでmobifoneなどと入力して調べてください。

キャリアに登録してプリペイドカードで支払う

キャリアで登録するところまでは同じですが、支払方法はプリペイドカードにします。

電話で12桁のコードを入力する代わりに、webかアプリから12桁のコードを入力します。

下記例はmobifone(ベトナムの最大手キャリア)

web(ベトナム語、英語、中国語対応)

http://naptien.mobifone.com.vn/wap/xhtml/card/en/login.jsp?toUrl=1

iOSアプリ(ベトナム語のみ)

https://itunes.apple.com/vn/app/my-mobifone/id719320091?mt=8

携帯電話屋で店員にやってもらう

プリペイドカードは道端の屋台でも売っていますが、中古スマホやスマホカバーぐらいは売っている「携帯ショップ兼修理屋」みたいなところでかいます。(たくさんあります。)

そこで、プリペイドカードを買った時に、iPadを見せて「入れて」って言ったら、やってくれます。日本語で言っても、たぶん通じるでしょう。状況的に。

そうすると、あなたのiPadのSIMをゼムクリップでほじりだし、自分の携帯電話に差し込んで、*100*12桁# とやってSIMにチャージ。その後、またiPadに差し戻してくれます。

SIMとプリペイドに慣れていたらどうということのない作業ですが、ほとんどの日本人は「SIMなどという内部パーツは見たこともない」ので、場末の電話屋で言葉の通じない兄ちゃんがゼムクリップでいじりだした段階で、「オレのiPadになにするつもりだ!」と大きく不安になります。

でもこれは、いちばん手軽にしてまっとうな方法なので、あまり慌てないようにしておいてください。

[PR]あなたのアプリを東南アジアで展開しませんか
丸ごとおまかせでアプリの移植をやってます

lotus-extension

ネットやスマホでの決済の仕方というのは国によってかなり違います。というか、日本はかなり特殊です。海外でもアプリを売りたいという場合は、そのあたりまで考える必要があります。丸ごとおまかせで移植もしますが、そういったローカライズも対応いたします。

 

Related articles

no image

2014年12月ベトナムITニュース

  12月2日 「ITは日本とベトナムをつなぐ分野」とVINASAN社長のインタビ

Read this article

prototype

ソーシャルバリューをデザインせよ〜 ハバタクのワークショップに参加して

2014年3月3日にハバタク株式会社が主催するCo-Creation Journeyを取材してきた。

Read this article

Gj2D3rreumd_fniTSbRBnjTjt510HoBG_LxdEUCA4YEXDV5JmHt_Xc9_9TpZ4Pdb5OA1KPxlq4W3t0X_X86TKw0hetQo0C40cPON5EgTZ-tX9gB7kjhTamPLSmgfMydm95yAx9Q

歴史と共に進化した、ベトナム音楽の変遷

リード文 古代からベトナム文化の発展に大きな影響を与え続けてきた「音楽」。様々な国から侵略された複

Read this article

5

ベトナムで拡大する日本のサブカルチャー

マンガ・アニメ 「マンガ」とは、日本から発信されたコミックジャンルを指して使われる用語です。そして

Read this article

10020905025_6eb2ecb9e9_z

ベトナムのITについて調べたら、スマートフォンだけになった

IT分野について、ベトナムではどのようなことがほっとトピックなのかを調べてみた。 まず、Googl

Read this article

Hinh 1

Camera360 Ultimateの使い方

紹介 Camera360は、現在、最も人気のあるスマートフォン向けの無料写真撮影アプリです。オペレー

Read this article

no image

デスクトップと連携したモバイルの新しい形、iOS用Adobeアプリの魅力

9つのiOS専用Adobeアプリ デスクトップの機能をスマホやタブレットにそのまま搭載したアプリケー

Read this article

schooldays

エンジニア人生双六(ベトナム編)

コンピュータエンジニアにとってスキルを身につけることは大切であるが、ここベトナムでは、エンジニアはス

Read this article

no image

Chromebook~世界各国のビジネスマンに大人気。ベトナムでのリリースは?

  Chromebookの基本的機能 1. 見た目は普通のノートパソコンと似ていますが、機

Read this article

iCatch_crm

消費市場としての東南アジアで必要なSCM

20年ぶりの東南アジア回帰 日本の通信販売やEコマースや小売などのサービス業において、東南アジアへの

Read this article

PAGE TOP ↑